toggle
2016-04-19

証明写真を盛った話

20160419_162127

昨日、久しぶりに証明写真を撮りました。
マイナンバーとかね、必要ですもんね。

で、出先の有楽町で証明写真を撮れるところ探したワケです。
メトロの駅って結構普通に証明写真ブースあるんですね。便利だ。
んでも駅でブースに入るってなんだか落ち着かなそうな気がして。若干の侘しさもあるというか。
完全にイメージですけど。

するとですよ、検索にビックカメラがヒット。
まあビックカメラだったらいいかなーと思って行ってみました。

お昼時に行ったんですが、誰も並んでなかった。
カーテンをめくり中へ。
すごい、タッチパネルの操作性がアップしてる。時代は進んでる。

普通に撮りました。2回のチャンス。3回にしてほしい。
撮った写真なんかもう見たくもないですが、左右の肩の高さが違うことはすぐにわかりました。
うん身体歪んでるよね涙

びっくりはここから。

次のステップに進むと、なんか肌感がキレイな自分が出てきた。そんないきなり肌がキレイになるわけない。
「肌質の補正」という項目があり、デフォルト「する」に設定されてます。納得。
お気遣いありがとう。
その下には「肌色の補正」….白くもできるし黒くもできる…これは微妙な詐欺だな…
まあでも迷いなく「美白+2」に盛りましたよね。私も女性です。

さらに進むと、「背景を選んでください」。
え、今時背景って選べるの!? ピンクとかあるし!
パスワード・免許証に使える色は限られるみたいですが、それでもベージュが選べるなんて知らなかった。
ピンクにしたい気持ちを抑えて、ベージュにしましたよね。

これだけ盛ってくれて、待ち時間なくて900円。価値あるわ。
しかも専用のスマホアプリを使うとデジタルで保存できるらしい。すごすぎる。
そのうち、髪型も変えてくれるんじゃないかな。未来ですね。

証明写真って撮るのが億劫だったけど、ここまで盛ってくれるならまた撮ってもいいなと思いました。
ちなみにそんな素晴らしい証明写真ブースはDNPの「Ki-Re-i」です。
皆さんもどうぞ盛りまくってキレイになってください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です