toggle
2016-05-25

坂の上の隠れ家。渋谷円山町「きになるき」

歩いた、歩いた。
神楽坂で用事を済ませ、何を思ったか渋谷まで歩く。ちょっと遠すぎた。
サミットの影響で、多くの警察官とすれ違う。ご苦労様です。

さて、てくてく歩いて辿り着いた先は、円山町。
何だか久しぶりだなあ。
怪しげなホテル街もあれど、神泉エリアは美味しいお店がひしめくところ。
坂を登って辿り着く後の一杯も良い。

グルメな先輩友人が新規開拓したいとお誘頂き「きになるき」にやってきた。
ご主人が一人で切り盛りしていらっしゃるカウンター10席ちょっとのお店。
美味しいと噂である。

六時半にスタート。少し早い時間だから貸切状態。
レモンサワーで喉を潤し、いざ!

20160524_184233
まずは、サラダ。水菜と菊花、しらすのサラダ。ゴマたっぷり。
九州の黒酢と甘い醤油で作られたポン酢が絶妙に柔らかい味。

20160524_184642
続いてネットりした生桜海老と生しらす。
味付けは特にないが、横に添えられた青さ海苔をソース代わりに食べると口の中に海の香りが広がる。

20160524_185241
アボガドのお浸し。と言っていいのかどうか。
濃いめ・塩っぱめの出汁にアボガドを漬けたもの。
店主が言う通り、アボガドの青い香りが出汁と出会ってチーズのようなコクに変化している。これは家でもチャレンジできそう。

20160524_191055
数日熟成したマグロ!赤身と中トロの間くらいだろうか。
鉄臭さが抜けて旨味だけになったマグロはワサビと塩だけで食すのが吉。
それだけでも美味しい塩はイギリス王室御用達のマルドンシーソルト
カマルグの塩がうまいと思ってたが、一度変えてみようと思う旨味だった。

20160524_193421
おもむろに肉をバーナーで炙る店主。いい予感しかしない。
そろそろお肉も食べたいなーと言う絶妙のタイミングでコレ。
ウニ乗ってますけど何か?お肉がもう少しあっさり目だったら、あと2つ食べれたな。

20160524_195132
まだまだ続く旨味攻撃。今度はマグロ中落ち。
香りの良い海苔に巻いて巻いて〜。マグロも海苔も主役な逸品。

20160524_200001
そろそろ〆ですよと予告される。寂しい気持ちになりつつ、結構食べてるな。
〆の前に髭「が」美味しいヤングコーンのバター醤油焼き。
焦げた部分がバター醤油とベストマッチ。皮もギリギリまで食す!

20160524_201143
お楽しみの〆は、自家製焼豚の和え麺。
継ぎ足して濃縮したタレに、山椒の香りと貝割れがピリッとアクセント。
全部食べれるかな〜なんて心配は杞憂。ぺろりと平らげました。

 

いつの間にかお店は満席。幸せなため息がたくさん聞こえる。
雑居ビル地下で繰り広げられる、どこか家庭的、でもしっかり美味しい店の味。
作り方や調味料を惜しげもなく語りながらお料理を繰り出すお兄ちゃんみたいな店主。

この内容で、飲み放題がついてなんと5,000円!
飲み放題メニューは、ビール、ハイボール、サワー数種、カシス系のカクテル数種、日本酒旨口・辛口、焼酎数種、ソフトドリンクなどなど。

一人ご飯も良さそうな落ち着く空間に、また来ることを確信した夜でした。
渋谷の夜に吸い込まれたそうな先輩達の背中を送り出して、帰途へ。
さて、次はどこを開拓しようかな?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です