toggle
2016-08-02

新しい気持ちで再開します

Best 1930’s Vintage Aqua Blue Wicker Doll Cradle with Bedding by @TheFrenchLaundry | classic as a wicker chair.
Best 1930’s Vintage Aqua Blue Wicker Doll Cradle with Bedding by @TheFrenchLaundry | classic as a wicker chair. / Wicker Paradise

突然ですが、妊娠しました。
安定期(16週)に入り、気持ちも落ち着いてきたので久しぶりに書きます。
あんまり妊娠していることを広く公開したいわけでもないのですが、妊娠・出産について色々と伝えたいことがありますし、妊婦目線で書きたいと思うネタが増えてきているのでここであえて公開。

実は妊娠するのは2回目です。出産も1回経験しています。
一人目の子は、残念ながら産まれて数時間で亡くなりました。
今でもこの時のことを思い出すと涙が出ます。

私はもう40代ですので、自然に妊娠するということはまずないと思っていました。
それが思いがけず新しい生命を授かって、どれだけ驚いたか。
ただ妊娠を知った時は不安しか感じなかった。嬉しいとか全くなかったです。
また同じことが起こったら…もう立ち直れないかも、と。それだけでした。

それから何週間も、新しい命を喜べない自分に嫌悪を感じていました。
不妊治療をしてもなかなか授かれない人もいるのに。世の中の多くの人は妊娠=出産=幸せなのに、と。
みんな「おめでとう」と言ってくれます。ありがたいです。
でも素直に受け入れられない自分がいました。

そもそも40代で妊娠できる確率は一年間妊活をしたとして、30%台だそうです。
妊娠できても流産する確率は40%。悲しい思いをする確率は想像以上に高い。
前回の妊娠時も既に35歳を超えていましたが、こんな不安は感じなかった。
幸せな妊娠・出産しか見えていなかったのです。

でも、一人目のことがあってから、世の中には悲しい思いをした家族がたくさんいることを知りました。友人の中でも「実は私も悲しい経験がある」と打ち明けてくれた人は一人ではありません。
そんなわけで、妊娠初期は不安に包まれた毎日でした。正直ストレスでどうにかなりそうだった。

そんな日々を過ごしているうちに安定期に入り、お腹も膨らんできました。
最近はお腹の中で動いているのを感じます。
命の存在を毎日感じていると、大きな感謝と感動を覚えると共に、気持ちも落ち着いてきました。

一生のうちに妊娠している時期はおそらく最後だと思います。
この時期に何か書き記したものがないのは寂しい。
だから、またボチボチ書いていこうと思います。

BARはしばらく不在にします笑

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です