toggle
2017-08-18

幸せの正体

happy
happy / Jumilla

幸せだね〜。幸せの絶頂でしょ。
この何ヶ月かよく言われたセリフだ。

1月に子どもが生まれて、確かに私は「幸せ」に違いない。
違いないんだが…言われた時にモヤッとするのはなぜなんだろう?
なんだか、言ってる側と私の「幸せ」にズレがあるように思うのだ。
そして幸せという言葉に束縛すら感じてしまう。

10年以上も結婚していて、夫婦仲良くて、子どもまでできて、それを幸せと言わなかったらどーすんの!と怒られそうだ。
けれどね、それって言ってる側の幸せ「条件」なんだよね。
私にとっては幸せって条件じゃなくて、今ある状況や周りの人に感謝する気持ちを持てることであり、感謝する行為。
だから子どもができる前から幸せだったし、それは変わらない。もちろん子どもができたこと、健康に育っていることへの感謝=幸せです。
けど、結婚してるから、子どもがいるから、幸せ。これは違う。

だから、幸せでしょ、と言われると、幸せですが…
私、今、超絶不自由な生活してマス。
ほとんど自分の好きなことはできないし、一番私の苦手な自分のペースで物事進められない状況に置かれてマス。
あなたは毎日仕事もできて、友人達と美味しそうなご飯食べて幸せじゃないデスカ?
幸せだから色々我慢しないとだめデスカ?
とまあ、こんな風に捻くれてしまうワケです。

あ、今書いてて、超絶めんどくさい私、と思った。
けっして言ってくださってる方をどうこういう話でなくて。
幸せって感じるもので、ステージクリアみたいなものじゃないよな〜ってふと思ったって事。
まあFacebookとかでベタな幸せ写真ばっかアップしてる自分に責任があります笑

はい、めんどくさい話オワリ!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です