toggle
2017-08-19

産後のリアル家事

産後の生活っていろいろ想像するけど、想像の斜め上いくっていうか。
マタニティ&ベビーの雑誌読んだところで、赤ちゃんへの直接のお世話以外は分からないのだ。いや、赤ちゃんのお世話だって、なかなか教科書通りにはいかないけれど。
その辺ログっておきたい。

まず、前提として、うちは保育園のお世話になってないので、今は専業主婦といって良い生活だ。そうすると、当たり前だけど家事割合は増える。というか段々増えてきた…(あれ?)

日々の主な家事は、ご飯づくり、掃除、洗濯なわけだが、産前、掃除は夫の担当で台所以外ノータッチ、洗濯は夫婦2人分を週一やれば十分。妊娠前まで遡ると、ご飯づくりも夜しか考えなくてよい、とまあ結構楽チンな状態。
産後しばらくは夫がわりと身体を気遣ってかなりやってくれていたのだが、今では仕事が忙しく、週一の掃除機がけ、台所除く水周り掃除以外はほぼ私がやっている。これが産前と同じ内容ではなく、量×頻度で増えたのでまあまあな負担である。

まず、洗濯。
・ベビー服はサイズアウトが早いため、必要最低限しか所持してない。
・タオル類の消費枚数がとにかく多い。ベビーのおむつ替え用、よだれ拭き、離乳食の食べ散らかし用、お風呂用。利用頻度が増えたキッチンふきんや、洗面所タオル。
・舐められ、引っ張られ、一日着ればよれよれの私の服。
とまあこんな具合だから、毎日か2日に一度は洗濯機を回す必要がある。

次に、掃除。
・掃除機はベビーの昼寝時に使えないので変わらず週末に。その代わりフロアモップや粘着シートを利用。
・ハイハイし始めた+どこでも舐めるので、清潔な床で遊べるように、触る可能性のあるところは細かく掃除。素手・素足なので毎日。

最後に食事。
・なかなか外食できないので、自炊が増え、よって洗いものも増える。

問題はこれらをいつこなすか、だ。
つい最近までは、ベビーの昼寝時にやっていた。最近は起きていてもベビーを歩行器に入れてできるので少し楽になった(泣くけど)。
育児をやっていると一日中ベビーの対応に振り回される。それが比較的少ないのが朝。たっぷり寝た・飲んだ後のベビーは結構機嫌が良いのだ。なので、夫を送り出した後、朝一で掃除・洗濯はまとめてフィニッシュ。

家事のやり方も変わった。今までは段取りを考え、効率的にまとめてやることが多かったが、今はちょこちょこ5分でも時間があればできることをやっつけるというスタイル。落ち着いて家事ができる時間なんてそうそうやって来ないんだから。

これからの家事について。
徐々にアウトソーシングしても良いと考えている。仕事時間や自分時間を捻出するだけでなく、常にお疲れ気味の身体を休め、ベビーとのふれあいにしっかり時間を確保できそうだからだ。

何もかも背負いこまないように。だんだん身軽に。
母はいつだってベビーの前ではハッピーでいたいからね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です